AGAクリニックの無料カウンセリング

実例!クリニックで全然違う患者への態度!

良いAGAクリニックにあたれば、本当に良い治療と良いサービスで大満足出来ると思いますが、良くないAGAクリニックはあなたを金づるとかカモにしか思えないような態度を取ることが多いようです。これは、無料カウンセリングの時点で判断できるので、無料カウンセリングで実際にあるようなことを記載します。

 

良いカウンセリング
アンケート用紙はAの紙一枚。父方の父、伯父、祖父のうち誰が禿げていたか、母方の伯父、祖父のうち誰が禿げていたか、薬の服用、病歴など、本当に必要なことだけを書くので、個人情報は名前と電話番号の記入でよいこともある。

 

カウンセリング開始。まずAGAや若はげについての説明が解りやすい。

ドクター、またはカウンセラー。どちらが説明するにしても
AGAの説明は、受容体、早期、中期、成長期、後退期、5α、活性化、男性ホルモン、睾丸、リラクターゼ、5αリダクターゼとジヒドロテストロンなど、聞いたことが無いような言葉が羅列されるのでわかりにくいのを、中学生でも解りやすい言葉で説明してくれるかどうかが、判断基準になります。

 

あまりにもわかりにくいので、「これは本来善玉ホルモンが悪玉ホルモンになったようなものですか?」と聞いたときに
「だから」「さっきも言ったように」などと言うような医者やカウンセラーなら、患者に理解してもらおうという気持ちが出来ていないと思うのでNG

 

治療以外でも自分でできるAGA対策を教えてくれる

○○○クリニックの説明員とのやりとり

あなた「私がAGAなのは解りました。で、治療の効果を促進するために治療以外で、自分で出来る事はありますか?」
説明員「ありません。」
あなた「全然無いのですか?」
説明員「病気ですので、投薬や治療以外の方法がないんです!で、治療メニューですが…」(治療コース表を見せる)

 

□□□クリニックの説明員とのやりとり

あなた「私、AGAだったんですね、自覚できなかったなぁ。あの、例えば自宅でできるようなAGA対策ってありますか?」
説明員「治療以外でしたら、まず運動ですね。アンケートを見るとあなたの場合運動不足のようですから、走って体全体の血行を良くして、頭皮周辺の血行も良くする必要があります。」
あなた「でも、走るって言ってもなぁ…。」
説明員「自宅で仕事している患者さんはルームランナーを買いましたよ。そういうのでもいいんです。」

 

○○○クリニックと□□□クリニックどちらが親切で患者目線と言えるでしょうか。
AGAの治療は高額な物から比較的安価な治療まで様々ですが、患者さんの事を考えてくれるクリニックにしたいですよね。